不動産物件の見学に行ってイメージを掴もう

インテリア

事故の詳細を知る

住宅模型

物件を見極める

東京には数え切れないほどの物件がありますが、今回はそんな中で事故物件を購入する際の注意点についてです。そもそも事故物件とはどんな物件を表すかと言うと、殺人、空き巣などの社会的にニュースになるようなトラブルが発生した物件を指しています。まとめるならそれだけではないものの、事故物件と呼ばれるからには何かしらのいわく付きという事です。近所で噂になれば新規で入所者は決まりにくくなります。募集をかけても決まらずに事故物件として賃貸料や価格が下がる事でやっと買い手が見つかるような物件です。それでも事故の内容、つまり軽度なものであれば安く購入出来るメリットがあります。立派条件や周辺環境が揃っていれば買い手や代理店がどれだけ売り込めるか、価値を上げられるかにより決まります。気をつけなければならないのがやはりメンテナンスでしょう。東京の立地が良い場所であったとしても、その物件が安全である事、住みやすい物件である証明をしなければなりません。買うときは安くてもオプションでの費用は通常より発生する場合もある為、予算組みはしっかりと行いましょう。素人の場合は東京で事故物件を扱う専門業者に話を聞いてみるのが良いでしょう。東京23区内だけでなく、区外に広がれば安さだけでなく自然など別のメリットもあります。契約時には通常物件との違いをよく比較し不足している部分を無くし優良物件としての価値を高められるように尽力を尽くしましょう。